先頭に戻る

人間は身体の約60%が水分です。

 

そんなにたくさんの割合が水なら、水を飲まなければ痩せるんじゃ・・・?と考えるのは、大間違い!
水は、ダイエットに欠かせない存在なのです。
水を飲む

 

水を飲むと痩せる?

飲料のカロリーを抑える

まずは、普段ジュースや甘味料入りのコーヒー、紅茶等を飲んでいる人は、水に変えるだけで1日当たり100kcalくらい摂取カロリーを控えることができます。

 

ジュースの約10%は砂糖と言われています。
砂糖は1gあたり4kcalなので、200mLのジュースを飲むと
200×10%×4kcal=80kcal
つまり、コップ1杯で80kcal分もの砂糖を飲んでいるのです。

 

1日に2〜3杯のジュースを飲んでいるなら、水に変えるだけでウォーキングでカロリーを燃やすより簡単にダイエットできます。
カロリーが高そうなジュース

 

代謝を良くする

水には余分なものを溶かして体外に排出する作用があります。

 

よく、「便秘の人は水をたくさん飲むように」と言われますね。
水をたくさん飲むことで、便がやわらかくなり、スムーズに出るようになるのです。
便がスムーズに出ると、腸内に老廃物が溜まりにくくなり、ダイエット効果も高くなります。
トイレがすっきり

 

酵素ドリンクと水

酵素ドリンクを使った断食ダイエットでは、水をなるべくたくさん(1日あたり2L以上を目安に)飲むように注意されます。
これは、水で嵩増しして満腹感を得やすくし、体内の循環を良くしてダイエット効果を高めるだけでなく、脱水症を起こさないようにするためでもあります。

 

酵素ドリンクダイエットでは、食事を抜き、酵素ドリンクに置き換えてカロリー制限をします。
すると、食事から摂るべき水が摂れなくなるのです。

 

例えば、スープはおかずとして飲みますが、水分はたっぷり入っていますよね。
野菜だって90%前後が水分です。
気が付かないうちに、食事からも水分摂取をしているのです。
コーンスープ

 

水分不足は、胃腸の働き弱め、便秘を引き起こすなどダイエットに不利な方向へ進んでしまいます。
食事制限をする際は、必ず水を積極的に飲むようにしましょう。