先頭に戻る

更年期障害とは?

卵巣機能の低下により、女性ホルモン(生理活性物質)の崩れが原因で心身の不調(血管運動神経症状)をもたらす症候群
主に45−55才に生じる自律神経失調症とも言います。

 

自律神経失調症とは?

人によってその症状は様々です。
生理不順、血圧の不安定、微熱、汗、頭痛、めまい、不眠症、疲労感、下痢、便秘、肌荒れ、筋肉痛、情緒不安定やイライラ、憂鬱など…辛い症状ばかりです。

治療

一番効果があるのはホルモン治療法ですが、副作用として乳がん発生の恐れがあると聞きます。
ホルモン治療をしたことのある女性は、してない女性より乳がん発生リスクが1.3〜1.4倍も高くなります。
そこで最近注目されるのが、加齢によって減少した酵素を摂取し、ホルモンバランスを整えることです。

 

数ある酵素の中でも一番効果があるのがMAP酵素、初めて聞く方も多いのではないでしょうか〜

 

MAP酵素とは?

アミノ酸が結合してできた、ホルモンのような働きをする発酵菌。
更年期症状を緩和する働きのほかに、生理不順の改善にも効果が高いと言われ、日本では生理機能活性物質と言います。

 

作用

MAP酵素は、体の交感神経や副交感神経へ直接働きかけて、性ホルモンの生成を促進させます。よって、体が自力で女性ホルモンを分泌するようになり、乱れたホルモンバランスを正常に整えてくれます。
しかもみなさんが知ってるように、天然素材だから副作用もないです。
既に、臨床試験でもその効果は認められています。
医学的に更年期障害は、時間が過ぎ、卵巣機能が完全に低下して、体がホルモンの変化に慣れてくれば、自然に治ると言われます。
辛くて長い時期ですけど、酵素を摂取して、軽い運動もしながら、少しでも楽に乗り越えられるよう頑張りましょう。

 

酵素ドリンクのお勧めめ商品をTOPページで紹介しています。
合わせてご覧くださいませ。