先頭に戻る

酵素って何?

酵素とはタンパク質の一種で、体内で起こる様々な化学反応の速度を速める物質、人間が生きていくために絶対に必要なものです。

 

酵素は消費されたら、すぐに体内で作られますが、その量は年齢によってだんだん減っていきます

 

人間の体内には約3000種類もの酵素が存在し、自然界にはなんと、25000種類もの酵素が存在します。
そこで、体内で不足する分の酵素を体外から取り入れる事で、体内の酵素が不足しないよう、サポートしてくれます。

 

酵素の役割

年を取ると病気じゃなくても、何となく体調が悪い、気分がすぐれない、いろんなストレスを感じることがありますが、もしかしたら酵素が不足しているかも知れません…

酵素は食べ物の消化や吸収を助ける
栄養素を分解、吸収し細胞を組み立てる
ホルモンや新陳代謝の活動を促進する
免疫力を向上する

 

酵素の効果

様々な効果がありますが、主なものを紹介します。
痩せやすい体質になり、美容にも良いのでダイエットには理想的です。

老化防止
美肌
新陳代謝の活性化
デトックス
便秘解消

 

酵素は2種類

潜在酵素

体内で作られる酵素です。消化酵素、代謝酵素があります。
消化酵素と代謝酵素はバランスが大事です。

 

例えば、消化に酵素をたくさん消費された場合、代謝や排出の使用分が足りなくなり、肌荒れとか便秘などの不調をもたらすことになります。
年を取ると痩せにくくなるのも、体内で作り出す酵素が減少しているからです。

 

食物酵素

野菜、果物、魚、肉なに含まれる酵素です。
熱に弱く、50℃以上で完全に消滅されるため、生の食べ物に多く含まれる。

 

酵素を多く含む食べ物

野菜、果物、肉、魚、発酵食品に多く含まれます。

生野菜、味噌、納豆、漬物
さまざまな果物
肉は、ユッケや馬刺し、生レバー
魚は、新鮮な刺身

 

毎日の食事から酵素を多く取り入れるのが望ましいですが、なかなかそうはいかないので、そんな時に、酵素ドリンクは非常に有効です。